YURRYちゃんのぷるぷるワールド

わぁ!すげー!すてき!のシンプルな感情を心の奥底から感じることが大好き。いつも人間らしく野生で犬のように動き回って生きたい永遠の子ども

もしもパラレルワールドがあったら

昨夜ドラえもんの「のび太の魔界大冒険」という映画をみた。
ずいぶん昔の作品で小学生ぶりに見たからなつかしさを噛み締めた。

 

この作品ではのび太が、もしも魔法が使える世界になったら、という世界をもしもボックスで作り出し、現実世界と魔法世界のパラレルワールドでハプニングに見舞われるというお話である。魔法世界でトラブルにあったのび太たちはタイムマシンで現実世界のもしもボックスを使う前の時間に戻るが、世界が変わっても魔法世界のトラブルはそのままあり続けパラレルワールドとして進行していくことを知る。結局のび太たちは魔法世界のトラブルを片付け現実世界に帰ってくるが、わたしはこの映画からほんとうにパラレルワールドは存在するんじゃないかと思ってしまった。

 

 

f:id:yurry_narnia:20200525154302j:plain

 

 

わたしは小学1年生のとき交通事故にあった。
信号無視をした車にはねられたのだ。
お母さんと妹とミスタードーナツを買いに横断歩道を渡ろうとした。ちゃんと青信号になった。気分がちょっと上がっていたため手をあげてわたろうかと思ったぐらいだ。そんなとき右からまぶしい光がさしてきて、わたしに近づいてくるんだ。

 

 

       ------ なんで? ------

 

 

そう心に言葉が浮かんだ瞬間、記憶も体も飛んだ。

6歳で華奢な体をしているわたしの体は宙に舞った。
おそらく5メートルぐらい飛ばされたそうだ。

 

目を覚ましたときにはわたしのまわりを大勢の人が囲んでいて、
「救急車呼んで!!」
「歩ける?!痛いところは?!」
などと大人たちが騒いでいる

 

幸運なことにわたしは痛いところなど感じなかった。
なにが起こったかもわからなかった。
とにかくみんなが病院病院!!と叫んでいる。


「いやだ!!!!かえる!!!!」
わたしは泣きじゃくりながらそう叫んでいた。なぜなら病院は手術をするところだと思ったからだ。おなかを切られるなんてぜったいしたくない!!痛いことはしたくない!!というかわたしは今どこも痛くないのだ!! 

 

わたしは泣け叫び、通行人の大人たちもたくさん協力してくれ、結局タンカーに乗せられて病院に運ばれた。 あれほど怖かったことはない。(わたしはおなかを切られるんだ、包丁できられるんだ 死んだ と思った。)

 

 

 

しかし幸いなことにおなかを切られはしなかった。
レントゲンで全身を撮られただけだった。
6歳のゆりーは安心した。

 

 

そして気になる結果は、まったく異常なしだった。

あれほどふっとんだのに、骨も打撲もなく、無傷で生還したのだ!!!

 

 

 

-----------------

 

打ちどころが悪かったら死んでもおかしくないと思う。

または後遺症が残ったりした可能性もある。
しかし6歳のゆりーちゃんは無傷だったのだ!!!

 

 

 

このドラえもんの映画をみてわたしは、もしこの事故で誰かが身代わりになっていたら、誰かがわたしを助けていたら と考えてしまった。
これは完全妄想なのだが、わたしは本当はあの時点で死んでしまっていたのかもしれない。しかし未来またはパラレルワールドのだれかがこの世界の事実を変えたのでは?どこかの世界でわたしが生きなければならないことが発生したのでは?

そんなことを思ってしまった。

 

わたしは魂もエネルギーも見えない力も幽霊も信じている系の人間だ。
もしだれかがあの事故の瞬間身代わりになってくれていたら、助けていてくれたら、そう思うと今生きてることがなにか特別な気がして、生かされた生命をやりとげたいと思った

 

 

 

 

 

 

 

自伝第3弾出版「タッピオッカジュース」

報告が遅れたが。。。

 

自伝第3弾「タッピオッカジュース」が出版されました~~~!!!!

 

 

f:id:yurry_narnia:20200519152827j:plain

 

 

テーマはタッピオッカジュース

光っていてかわいくて魅了するタピオカほど女子高生たちにごくごくと飲まれ拡散され、彼女らの血肉となっていく。

その経験がめずらしく、味わい深いほど、その経験も人間もごくごくと誰かの知識として血肉となっていく。

現代のタピオカ社会と情報社会に見立て、YURRYの経験がだれかの血肉となるがいい

 

f:id:yurry_narnia:20200519153344j:plain

f:id:yurry_narnia:20200519153349j:plain

 

 

内容はYURRYが2019年オーストラリアワーホリ後から始まる。
勢いよく海外へと飛び出した2019年、たくさんの刺激と成長を求めてダーウィンへ行ったはものの思っていたより簡単で平和で安定した生活。

ーーーわたしはもっとできる こんなレベルじゃない…!

もやもやとしたフラストレーションとともにたった4か月でワーホリをやめ、セカンドホームであるバリ島へ逃げる。

 

 

自分と現実を認められない違和感と波のある感情に支配されながら、2か月間バリ島でローカルの友達と遊びまくる。

 

そんな迷走期間の中バリ島で出会う感情と出来事を1つ1つタピオカドリンクに見立て表現してみました。

 

 

 

これを読んだ読者には、自分でないだれかの人生と感情というアトラクションに本を通して乗ってほしい。いったいキミはどう感じるか?
キミが出会えなかっただろう経験と感情を本を通して体感できる なんともおもしろいではないか。

 

 

 

あとがき

第3弾を入稿できたことはほんとうにうれしいです。
汚くても落ち込んでてもだめだめでもそれが事実で自分なのです。自分を表現できることに感謝し関係者みなさまにお礼を申し上げます。

 

 

タッピオッカジュース絶賛発売中!
ぜひご連絡ください。

twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて外

昨晩ひさしぶりにケータイのスイッチオンのまま寝た。

さいきんスマホ断捨離をしているのはここだけのヒミツ

 

しばらくの間イヤホンから流れるアップルミュージックの音楽を聴きながら、そのへんにあった少女漫画を読んでいた。

次の曲は、、   テイラースウィフト

 

2年前のアルバムreputationである。

gateway car

gourgeous

delicate... と脳裏に焼き付いた思い出がよみがえってきた

 

 

 

 

それは2018年11月のことである。

バーで働いていたわたしは目のまえを通りかかった外国人によくHi! Lets drink!などど売り子のように気安く声をかけていた。その日は数時間前に声をかけた外国人2人組がたまたまもどってきてくれて、お店でいっしょに飲むことになった。


彼らはどうやらアメリカから来たようだ。ふむふむ話をきているとテイラースウィフトのコンサートがあって~~~~~
どうやらテイラースウィフトのコンサート関係者のようだ。

洋楽好き海外好きのわたしはすぐに意気投合し、テイラーのことについてお話をした。

日本にいながら英語で接客できることにも快感だったわたしはあっという間に彼らとの時間を過ごした。

 

 

このときはまったく予期しなかった。この出会いがわたしを深く問いかけることに。

 

 

 

彼らは言った。

「テイラースウィフトのコンサート行きたい?」

当たり前じゃないか!!心の中の叫びとともに声にだして言った。

「Yes!!! I really wanna go to her concert!! But i dont have tickets..」

彼らはにっこり笑って淡々と言った

「いいよ。チケットあげるよ。何人分だい?」

 

目がまるくなった。え?チケットをくれるの? 

かれらの声の調子はまったく酔っているようでもなく、クリスマスプレゼントになにがほしいんだい?と子供に聞くパパのようだった。
しかしわたしは危機能力を発動させ、

いや、詐欺か?だましてるのか?

半信半疑で状況をとらえていた

 

 

わたしは言った

「4人!!4人分ちょうだい!」

「わかった。じゃあコンサート当日にあげるからね」

彼らはそういって連絡先を交換して去っていった

 

 

 

まじか?

ほんとうなのか?

テイラースウィフトのコンサートに行けるのか?

詐欺か?

だまされたか?

当日ってことは、会えなかったら台無しか?

 

 

喜びと疑いの半々ななんともいえぬ気持ちで3日間待った。

わたしは毎日彼に連絡した。

「ほんとうにチケットくれるの?」

「当日会えるの?」

「どこで?」

「何時?」

 

大丈夫大丈夫チケットはあるから

そういわれるがチケットが完売しているのはネット情報で知っている。
ありとあらゆる情報を入手し、もしチケットがもらえなかったときの当日券の場所や値段をたくさん調べた。

なんていったって私以外3人の友達がすでに決まっていたんだから!そのうち2人はわざわざ山口から新幹線で前泊で来ていた(苦笑

 

 

そして当日。

待ち合わせの1時間前には東京ドームに着いた。

なんともソワソワ感がぬぐえない。

 

はぁ、1限の授業はまったく集中できなかった。

 

授業後に猛ダッシュ後楽園駅についた。

運命のトキだ。。。!!

 

 

 

 

いつバイブレーションがなっても気づくように右手にスマホをかたく握りしめ、彼にメッセージを送った。

「もう東京ドームについたわ!チケットちょうだい!」

 

まるで金目当ての六本木女子のようなメッセージ内容である。

いや、半信半疑だったのだ。100%信じていたらもっと謙虚なテキストだっただろう。

 

 

手汗がしたたる。

まだかまだかとメッセージを確認し、何度もスマホをスクロール。

これで返信なかったら、山口からきている友達に面会できない。

 

 

 

 

ピロン

「ok! Im coming now」

 

きた!!!!!!!!!!

まじか!!

くる!!!

 

 

 

返信があったことで信頼が80%に昇りつめた

 

 

 

そして。。。

 

 

 

「Hi!! Yurika!」

 

めぐりあえた!!!!!!!!!!

まじか!!!!!

そう、あの日いっしょに話した外国人が目の前にいる!仕事を抜け出してきたようで、左手に白い封筒がみえる!!!!!!

 

 

「はい、これがチケットだよ」

 

 

彼はふんだんの笑みを添えて白い封筒を渡してくれた。

 

わあああ!!!!!!!!

ありがとう!!!!!!!

 

 

 

じゃ、また中で会おうね!

そう言って彼はまた仕事にもどっていった

 

 

 

わたしは白い封筒の中身を確認した。

 

 

 

 

 

 

 

 

Taylor swift reputation tour 2018

 

Seat: SS

Price: ¥38000

 

 

 

 

 

ん?

3万8000えん?!

 

ん?????   3万8000円が4枚。。。。。。。。。。。??!!

 

 

 

ぎょえええええええええええええ

 

 

 

東京ドームの目の前で一人でジダバタしていた

ニヤケと興奮がとまらない

疑っててごめんなさい!!!!!もう100%信頼です!!!!

 

あのときの興奮は忘れられない

いや、しかしこの興奮はまだ序の口であることを後々知るのだが

 

 

 

 

その後友達3人と合流していざコンサートに参戦した。

 

 

 

 

f:id:yurry_narnia:20181122153629j:plain

 

 

 

 

3時間ぐらいだっただろうか。

 

 

 

 

 

 

生きた人間とテイラーという温かくて美しくて豪華で神秘の芸術があの大きな東京ドームを支配していた。

リアルでしか感じられない、鳥肌と芸術と美しさであった。

 

yurry-narnia.hatenablog.com

 

 

 

 

この出来事、コンサートが今でも脳裏に焼き付き、

一生のヒントだと思っている。

 

間違いなく私はテイラーのコンサートを生で体験したから、深みが変わった

間違いなくリアルとスマホ情報はちがう

彼らアメリカ人2人はなんだったのだ?

 

 

 

あの2人からのプレゼントがわたしを変えた

クリスマスプレゼント、なにがほしい?そんな風に若者に尋ねれる大人は何人いるのだろう?

もう出会うことのないかもしれない人にプレゼントできる人間はどれだけいるのだろう?

自分のちいさなギブが相手の人生を変えるとしたらどうだろう?

 

 

 

彼らはどんな思いでわたしにコンサートというプレゼントをしてくれたのかわからないが、これはわたしにとって永遠のヒントでありキッカケなのだ

 

 

 

ステキだな

わたしもお金稼いだら、そんなふうに若者にチャンスをあげよう

すべて外

きっかけはすべて外

学びはすべて人

行動 考える

これは自分の内 

外でキッカケをつかみ、内で考え、還元

 

 

 

さ、おやすみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうインスタグラマーはダサい

 

みんな げんき?

 

 

 

 

 

 

 

あったかくなってきた
外出自粛要請が1か月延長した
YURRYはずっと家にいる

 

なんだかもう人生と生活の最果てかとおもう
大学のレポートをおわらし、パソコンをいじって、夜になる
寝る前の一日のふりかえりは、自分をもっとBADにさせる

・・・ああきょうもおわってしまった
   ・・・いつまでわたしは外にでれないんだろう と

 

本をよんだり、勉強したり、映画をみたり、ゲームをしたり、家でできることはすぐに飽きてしまう。もう  あきあきだ
気が付いたときにはYouTubeで「Bali」って調べて、気が付いたときには、バリの音楽がパソコンから流れていて、、気づいた時には、バリの仲間に電話している

 

 

はやく 解放してくれよ ・・・

 

 

 

そんなBADが入る中、いまは我慢のときだよとささやいてくれる友
すぐにバリに来れるから、もう2週間後には大丈夫だから、って、そんなこと3月から言ってるじゃないか!もう5月だよ?!ぜんぜん2週間って言い続けて2か月たってるわクソ!!



f:id:yurry_narnia:20200504125023j:plain

 

 

そんなかんじで心が乱れてる
暇や空き時間があると余計なことを考えてしまってよりBADに陥りやすい。とくに寝る前の30分は過去の思い出とひっかかってるなにかが襲ってくるように頭の淵から攻めてくる。だから毎日ラジオ感覚でコレコレさんの配信を流しながら寝る。余白をつくりたくないから いまは...

 

 

毎日つづけていること 

インドネシア語シャドーイング

これだけは誇れる

 

 

さいきん思うこと

インフルエンサー、インスタグラマーださい

必死にフォロワーにしがみついてる姿が超絶ださいとある日突然思うようになった。自分を見て!アピールをあんなにしないと見てくれないほどの人間なのか。クソどうでもいいストーリーと5枚にわたる角度の違う自撮り写真を投稿することで、なにを得たいんだ?コロナのおかげで副業という文字が目立ってきたからSNS参入の一般人が増えて余計みんな必死になっておる。 

ださすぎる

つい前までのわたしもそうだった、フォロワー増やそう、みてもらおう!ってトライしていたが、なんかこう、知らないうちに自分がコントロールされる側になっちゃってるよ。そんなことしないと光れない人間なのか?と思い、やめた

 

そもそも、必死にアピールして得たフォロワーはいらないなぁと。
「すごいですね!応援してます!」とかいらない。
「ナニコイツ・・・?」 それでいい
まったくの無名でいいんだよ
だけど大事にしたいのは1人のホンモノの目利きに「キミ、おもしろいねえ。」って見つかってしまうこと。いいか?見つかってしまうことなんだよ。 
常識まみれ、つまり”ステキな色の世界”をもってる人たちに囲まれる価値はあまりないと思うんだよね。たぶん満たされるのは承認欲求。

 

 

 

 

 

まじでじぶんの価値を安く見積もらないでほしい
そこらへんにいるインスタグラマーっていう部類にわけられるって、、とんだ失態だよ。
まったくわからなくていい
わたしはイマ、見つかりたくない
そう簡単に見つかりたくないし、そう簡単に「キミはできるよ、成功するよ」なんて言わないでほしい。 

 

 

 

 

 

淡々と世界に火花を散らしていくだけ

 

 

 

 

 

 

 

シャカイへの反発

涙が出る



”わたしはこの人たちよりできる
わたしはこの中で優等生だ
わたしはあの人より頭がいい”


成績もクラス上位3%に入るほど優秀
学年1位
行動力抜群
クラス委員長
イデアマン
スポーツ優秀



数々の栄光を残してきた
なんでも1番 優秀 すごいやつ
わたしはそう思ってきた




結果をだせばすごいっていってもらえる!
なんだかそこに価値があるのだと信じ込むようになっていた

 



だけど
そんな優秀なわたしなのにもとめられてないんだ   
ってさいきんおもった




生産性ひくい
いらない
使えない



いったいなぜわたしたちは社会が求めているものを提供する歯車にならなきゃなんだ?使えなけば価値がないのか
いらなかったら価値ないのか
生産しないと価値ないのか



すべてすべてが
効率!とか使いやすい!とか順応してくれる だ



そんな社会で教育されたわたしがこのザマか?


ほんっっっっっっとくだらねえ

てかほっとんどの人はそうだろ?? 社会に 使えねえ、ちゃんとしろ、いらない って言われてるんじゃないのか? そうやって教育されて必死に育ってきたにもかかわらず大学を卒業して社会にでたら手のひら返しのようにいままでやってきたことを否定されているような気がして



ほんっとくだらない
目が乾いてくる




おまえら社会が作り上げた若者なんだ
いいよ
価値なんてなくていい 社会的にな



生産するなんてクソだ
使いやすい人材なんてのもクソすぎだ
ちゃんと会社に貢献してくれるうれしい人材なんてのもクソ中のクソだ




おまえら社会に貢献したい人間を雇って、味なしのスープでもすすっとけ


お前らが価値があるとしてることなんてぜってーーーしねーーから
きっちり時間通り働いてくれて、どんなことにも対応してくれて、企業の売り上げに非常に貢献してくれるオール5の優秀な人間になんかに 一生なるか




価値がない人間だっていっとけよ
なにをしてんだキミは っていっとけよ
徹底的に価値ないことやってやるよ
あなたたちにはまったく生産にならないことをな?

社会 への 反発だ










 

2年間ですさまじくレベルアップしていたかもしれない

 

写真フォルダ見返したら おもしろいものが出てきた

 

それは履歴書で、自己アピール欄がある用紙。
おそらくわたしは学校に出す用に書いたものを写真とって残していた。

そこにかかれていた自己紹介がおもしろかったので転載。

 

私の特徴(セールスポイント)2018.4

 0から1のプロセスを楽しむことが大好きで、全身、五感をフルに使って”生きてる感”を感じることが生きがい。野性的で勇敢。自分の可能性と世界の広さを信じ、あらゆることに挑戦する。ヒッチハイク日本横断、モデル、ミスサークルコンテスト準決勝、学生団体。今や本の出版を手掛けている。

 

 

 

いや~これ読んで、あ~あのときの私を全開に表現してるな~って思ったね。だから今だったらどんな自己紹介する?って問題提起で書いてみた。

 

 

 

自己紹介  2020.4

 未知の世界へ行くこと、知ることがとても好きで数々の点と点の経験をぐにゃぐにゃの想像力でカタチにすることが得意。考えるより行動派、プライドが高くどんなことにも粘り強く達成してしまい、まるで勢いのある能なしのチーターである。計画性と客観性に欠点があるものの自信の直観から選ばれた道への努力量と達成欲はすさまじい。得意なことは変化に対応しながら問題を解いていくこと。好きなことは五感を使うこととレベルアップしていくこと。不得意なことは計画することと俯瞰すること、チームワーク。

 

 

 

これ書き終わって思ったのがさ、2年前の自己紹介と比較して
うわぁ~~~~~成長したじゃん って!

 

 

なにかというと、自分の好きなこと、得意なこと、不得意なことが明確になってるわけよ。これってまじ進歩じゃない?

2年前の自分はね、わたしはこうなんだ~~ って洗脳に近い自己紹介をしてる感あるんだけど、今はね、なにを経験したのかYURRYの短所というか欠けている?部分がわかってるんだよね。

 

たぶんそれは、欠けている能力が必要な場面で失敗したりうまくいかなかったから言えることなのかも。
自分に足りない部分って努力すれば補えるかもしれないんだけど、その能力があればもっと輝けるかも と その能力を身に着けることで自分じゃなくなる は違っていて、YURRYの場合 長期的に計画する能力をつけてそれ通りに達成しようとすると、達成する力をもってるから、結果が目に見えてることに萎えちゃって、エネルギー下がっちゃうんよね。〇〇を達成するために計画して未来に向かうことはステキだけど、わたしはその計画性を長期でなく短期で使ってるw 長期にかんしては、計画通りいくよりまったくわからん道に迷い込んで新しい発見するプロセスのほうが大好きだから。

 

 

 

2年前は好き得意はごっちゃだったけど、好きでも得意じゃないことがあることがわかった

 

バリ島は好きだけど、バリ島で働くのは得意じゃない

あたらしい場所に行くのは好きだけど、予想できる安定した生活は得意じゃない

 

 

 

 

ま、もっとね じぶんのできるできないが明確になっていくと思うよ

失敗してけばしてくほどに 

そしてその分だけ もっと 自分のできるが堅くなっていくと思うよ

 

 

できなくても、自分がもっと輝けると思えば努力するし、これ改善したらYURRYじゃなくなることは手をださないで やってく。

 

 

 

 

 

 

プライド高しYURRY

やっっっっっっと気づいた

 

 

 

わたしってめっちゃプライド高いんだね

 

 

 

 

これだけ

 

 

 

 

 

もうね わらっちゃうぐらい プライドが両手両足いっぱいいっぱいなんよ

譲れない 大きく見せたい 優秀な自分を見せたい わたしは仕事ができると思っている 頑固 

ほんと     これ

 

このせいでいーーーーーーろんなこと失敗してるし うまくいってない

 

 

 

とくに人間関係と仕事とかめっちゃ左右されてるね

ほんっと下と比べて自分が優秀かどうかが尺度だし

頑固で意地つよいんだよなー

マジ 苦笑 だよ

 

 

 

これってダサい???

自分を優秀で大きく見せようとして結果できないし時間もかかる人

 

ダサいな

 

わたしダさかったみたいだ

 

 

ちょーダサい期間すごしてるよ

まあ 盲点よ

 

 

 

 

 

なんか 

クジャクの羽をつけて飛ぶのはやめよ

ゆりーのナチュラルな羽で美しくはばたこう

 

 

 

苦笑